月6万円の小遣いで貯金ができるか

私は月6万円の小遣いで暮らしています。

そこからバイクの維持費、タバコ代、缶コーヒー代、昼飯代、スマホ代、服や靴代などを引いて余った分を貯金しています。

本来、貯金をするのであれば、まず使えるお金である6万円から貯金額を引いて、残りを使うのが王道ですが、私はそうしていません。

それにはちゃんと理由があります。

まず、この方法でちゃんと貯金ができているからです。

それともう一つ、私の使っているお金はほぼ無駄遣いである点です。

ただ、パチンコに行ったり、風俗に行かないので、上記が全く無駄ともいえないかもしれません。

私は、無駄遣いも財産のうちだと思っています。

私もあほではないので、無駄遣いをやめようと思うのですが、私のそれはどうもやめれません。

無駄遣いのおかげで、速度違反で警察に捕まるようなことは絶対しないし、パチンコも行かないのです。

財産である理由ですが、いよいよ切羽詰まったら、無駄遣いの分のお金を何かその緊急事態の支出に回せるからです。

私はとくに無駄遣いをしていると思うのは、タバコを吸うときに缶コーヒーを買うこと、一日に一回は206円のモンスターエナジーのカロリーオフを飲むことです。

これらはタバコをやめれば、同時にやめれると思います。

切羽詰まったらタバコをやめれば、良いだけの話という訳です。

預金をしてもお金は増えないので、投資をしています

働いて余った剰余分は、手堅く、国債とか定期預金にしていました。でも、ここ数年、さすがに低金利でちっとも増えないので、少しずつ株式投資をしています。最初のうちは2,3銘柄を値上がりするまで持っていて、配当金や株主優待をもらうことで、財産を増やしてきました。いつのまにか、銀行預金が満期になると、株式を追加購入するようになり、今では5~7銘柄を単位株以上持つようになりました。

たまに、どれか値上がりする株がでてくると、値上がり益が1万円くらいで売るようにしています。ところが、東日本大震災とイギリスのEU離脱で保有していた株式が大きく目減りしています。大企業が多いので、配当金がそこそこ入ってくるのでよしとしていますが、今お金が必要になると、かなり赤字で損をするかもしれません。あまりよい投資ではないですね。

これからも子供の学費がかかるので、いつの時点でお金が必要になるかわかりません。もっと、手堅い貯蓄方法を検討すべきだったのかもしれません。でも、後悔はしていません。なぜなら、自分で考えて購入した株だからです。まだ、倒産したりして紙屑になった株はないので、値上がりするまでじっくり持っていたいと思います。

それにしても、株価は会社の業績を反映するわけではありません。業績がよかっても、円高によって、が~んと株価が下がったりします。よい社会勉強になってはいます。

前もって必要とわかるお金は貯金するようにしています。

私は現在22歳の女です。18歳の時に、高卒で入った会社で先輩に貯金の仕方を教えてもらいました。

まずは、給料から天引きしてもらえる財形貯蓄がある事を教えてもらい、初めて知ったので早速することにしました。最初は5,000円ずつから始めました。今は四年目になり、基本給の変動もあり10,000円にしています。これは車を買うお金として、それ以外では何があってもおろしません。

あとは定期預金を始めました。こちらは月に10,000円ずつで、使い皆はとくにきめておらず、何があった時のために使う予定です。あとは給料の端数は下ろさずに貯めています。そして、それぞれのカテゴリに分けて封筒を作り、その封筒に月々金額を決めて入れています。例えば、旅行の封筒には月々2,000円という感じです。カテゴリは、美容院などに通う時の美容代、冠婚葬祭の時の為の慶弔代、友人とご飯を食べに行く時や飲み会の時などの交際費、病気になった時の病院代、自動車税や車のメンテナンスや車検のために貯める、車関係などです。金額はそれぞれ決めて月々封筒に入れています。携帯電話のお金は毎月マチマチなのですが、大体15,000円を超えることはないので15,000円ずつ封筒に入れておき、おつりも封筒の中に入れます。だんだんとたまってくるのでたまに高い請求が来ても割と安心できます。

当たり前の事かもしれませんが、先輩にこの方法を聞かなければ、未だに私は思いつかなかったかもしれません。こんな感じで、自分なりに貯蓄をしています。

なんでもある生活から脱却、少し足らない生活を心がけるを

実は、野菜は冷蔵庫で保管できるものは意外と少ないです。人参やきのこ類などは冷蔵庫保管ができますが、玉ねぎ、じゃがいもなどは常温で保管します。

また、自分が管理できるだけの量しか買わないというルールを作っておくのがオススメです。

購入しすぎてしまうと、冷蔵庫に詰め過ぎてしまい、前に買ったものが何かわからず結局状態を悪くしてしまったり、間違えて二度買いをしてしまう可能性があります。結果、捨てることになってしまい損をしてしまいます。

物が多いと管理も大変ですし、片付けも大変です。

時間に余裕を持ち、気持ちにゆとりを持つためにも、満ち溢れた生活より少し足りない位を目指してみると案外それで充分だったりします。

ポイントを重視して節約するようになりました

去年スーパーのポイントが貯まっていたのに気付いたので商品券に交換したのですが、ずっとそのままにしていたのでなんと5万円分の商品券をもらうことができたんです。それからポイントを意識するようになりました。例えば、買い物はなるべくポイント5倍の日にするようにしています。

調味料や日用品など、日持ちする物は普段絶対に買わないようにして、ポイントの高い日を利用します。一括払いだとポイントが更につくのでクレジットカードを使うようになりました。実は手数料よりもポイントを考えてカードを使った方がお得なんて知りませんでしたね。

他にもネットショッピングが好きなのですが、いわゆるお小遣いサイトを通して利用するようになりました。すると、ショッピングモール固有のポイントだけではなくお小遣いサイトのポイントも入ります。これがすごくお得で、先月はこれだけで5000円くらいのポイントが貯まっていました。ネットショッピングをよく利用するご家庭ですとどんどんポイントが貯まっていくんだと思います。

他にも、自動車保険や医療保険などの見積もりを考えていたのでこれもお小遣いサイトから一括見積もりをお願いしました。たっぷりポイントがもらえますし、更にキャンペーン中だったのでクオカードももらえましたよ。本当にお得だと思います。

少しづつだけど貯まりますよ

今日は、折り込みチラシが入って○○スーパーで、卵の超特売中。

そんな日が狙い目なんです。

特売を開催しているスーパーには、お目当ての品を求めてお客様が殺到します。

私は、その○○スーパーには敢えて行きません。

○○スーパーから近いライバルのスーパーに、夕方まで待ってからお買い物に出かけます。

そこには、お客様を○○スーパーに取られてしまって、まばらなお客様のまま、1日じゅう過ごしてしまった売り場があるんです。

その売り場には、見込み客を外した為に売れなくて、割引シールを貼られた商品が私を待っててくれるのです。

毎日、新しいお肉やお魚を買って来て調理しないとイヤって方には向きませんが、冷凍庫に入りそうなだけ、子供達が食べたがって、しかも値が張る魚や肉を買いだめするのに持ってこいなんです。

この、裏かき作戦を長年実行して、半額シールの貼られたお肉をゲットし続けた私は、食費を相当切り詰められたみたいです。

マメじゃないので家計簿はつけてないのですが、複数いる子供達を奨学金、借り入れ金、一切使わなくても成人まで育てる事が出来ました。

加えて、中古ではありますが、土地付きの一戸建ても、貯まったお金で買えました。

今は、家賃も駐車場代も掛からず、とっても暮らしやすいです。

よくお水を買う人必見!お水代を節約する2大方法

10年前と比べ、年々拡大していっている飲料水業界。コンビニなどでも、お水が置かれているスペースの割合がどんどん増えていっていますね。街中でも、よく500mlのボトルを持っている人をよく見かけます。お水を頻繁に買う人も多いかと思いますが、その出費って実は簡単に節約できるんです。今日はお水代を節約する2つの方法をご紹介します。

①500mlでなく、2Lで購入を!

500mlのお水だと大体100円なのですが、そればっかりを繰り返し買っているのって実はすごくもったいないんです。コンビニでは、2Lのお水も同じ100円で売られているのですから。量は4倍でも、価格は同じなら、そっちを買わない手はないですね。大きいサイズのものを買って、水筒などに移して持ち運べば、お水代は4分の1にカットされます。また、通販でケース買いするのも、より節約につながるいい方法です。2Lといえど、部屋に持って帰るのが重くて大変だったりします。通販で購入すれば業者の人が運んでくれるので、楽ちんです。

②スーパーの無料のお水を利用

もっと節約したいという人はスーパーに常設されてある、アルカリイオン水を汲んで利用するのもおすすめ。最初に500円ほどボトル代が必要になりますが、それ以後は無料で利用できるので、元を取るのもすぐです。こちらも①同様に、水筒などを使えば外出先でお水を買う必要がなくなります。

以上の2点がお水の節約方法です。よく買う、よく飲むお水だからこそ、節約した時のリターンが大きいと思うので、ぜひ実践してみてくださいね。

何事も続かない、という人にオススメ!

節約しよう!貯金しよう!と鼻息荒く意気込んで始める人ほど、あまり長く続かないものです。かくいう私自身がその張本人。定期預金にチャレンジしたことも一度や二度ではありませんが、その度に金欠になって結局下ろしてしまうダメダメ人間でした。よしやるぞ、今度こそ!という気合いが、逆にプレッシャーになってしまうんですよね。明確な目標金額を定めるという方法も、私の場合は逆効果にしかなりませんでした。

ですが、そんな私でもなんと数年間、今現在もしっかり続けられている方法がたった一つだけありまして、それが、「500円玉貯金」です。

そんなの知ってるよ、それだって続かないよという方もおられるはず。そんな方は、「一日最低500円は貯金する」と決めてしまっていませんか?実はそれが続かない原因で、一日でもそのルールを守れないとすぐに「もういいや」となってしまいがち。

続けるコツは、財布の中に500円玉がある時に貯金箱に入れる、というルーズさです。お買い物で絶対に500円玉を作ろうとしなくてもいいのです、財布にあってもたまには忘れて使ってしまってもいいのです。あっ500円玉がある、と気付いた時に貯金箱に入れていく、そのくらいの気楽さで取り組むと、これが意外に続きます。しかも500円なので、少し貯まるとその額も大きくてやりがいも大。

どんな方法も続かなかったという人にこそオススメしたい貯金術です。騙されたと思ってぜひ一度お試しあれ!

私の節約方法

昔から節約に興味があり、色々な節約本を読んだりして試してきましたが、自分なりに落ち着いた方法は、食費を削ることと、500円玉貯金です。

食費は節約項目の中でも一番簡単で一番効果的まと思います。我が家の場合は仕事やお出かけで疲れて帰ってきたりするとすぐ外食してしまったり、ランチ代にお金ぎかかっていたのでそこを修正しました。

まず休日に常備食を作り置きしておいて、ランチはお弁当を持っていくところから始めました。ランチ代がかからなくなっただけで劇的に節約効果がありました。

そして仕事の後に外食してしまうことについては、家に帰ってからご飯を作ると嫌になってしまうため、朝早起きして夕飯を作るようにしました。帰ったらご飯があるとなれば、真っ直ぐ家に帰るようになりました。また、ご飯もまとめて炊いて冷凍しておくなどしました。

こうして月5万円ほどかかっていた外食費が1万円まで減らすことに成功しました。食事は毎日のことなので、一番節約効果がありました。

たそして500円玉貯金を始めて3年が経ちますが、これもとても効果的に貯められます。買い物をする度にわざとお札を出し、おつりで500円玉をもらうようにしていますが、小さい小銭をコツコツ貯めるよりも早く貯まるので、やりがいも感じやすくお勧めです。数ある節約方法の中でこの二つが自分に一番合っていて続けられています。

節約生活の方法

節約を行いもっと効率的な生活または資産形成をと考えている方は多いと思います。私もその一人です、今回は、節約術と節約による効果を述べて生きたいと思います。①水道代の節約これは比較的簡単に出来るのではないかと思います。私はお風呂に入りません。と言っても入浴をしないのではなく湯船につからないと言う意味です。

毎日シャワ-で済ましています清潔的には問題ありません。シャワ-に入っている間お湯は出しっぱなしにはせず髪を洗うつど、体を洗うつどとめています。その効果のせいか水道代はほぼ基本料金ですんでいます。どうしても湯船につかりたいと言う方は、湯船につかる日の回数を減らしてみてはいかがでしょう。以前、入院していたときシャワ-は毎日入れましたがお風呂は週2回しかなくお風呂の日は特別な感じがありました。②ポイントカードの主力カ-ドを1つに絞る。

私は、ポイントカ-ドは主に1枚しか使っていません。節約に厳しい方は、あさ新聞の折り込み広告をチェックしどこで何が一番安いかを調べ1回の買い物で数箇所のお店を回ると言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。あちこちのお店でポイントカ-ドをつかいコツコツポイントを稼ぐよりも1つのス-パ-で必要なものをすべて買うほうが効果的にポイントをためることが出来るし時間の節約にもなると思います。節約した時間でパソコンを使ってお小遣い稼ぎもできます。1度試してみてはいかがでしょうか。