最も確実に貯蓄する方法は節約術を身に着けることである

不景気が叫ばれ始めてから久しい昨今、将来はもちろん現在の生活に於いても金銭面で不安を抱えている人は多いと思います。

結婚するとしたら、子供が生まれたら、車が壊れたら、などなど、先への不安要素を取り上げただけでもういくらあってもお金が足りない気がしてしまいます。

将来のために貯蓄をしておくことは、絶対に必要なこととは言えませんが、現在の生活を将来の不安という不確定要素に邪魔されないためには必要かもしれません。

そんな貯蓄ですが、普段の生活で家賃や食費、光熱水費など、どうしても生活費としてお金を失っていくためになかなか難しいことです。

それらを支払いながら貯蓄もするとなると、収入を増やさないといけないと感じる人も多いでしょう。

私は月々少しづつではありますが貯蓄をしています。

具体的に何かの目的があって貯蓄しているわけではありませんが、やはり将来の漠然とした不安を拭うためである気がします。

そんな私は仕事はそれなりに忙しく、かと言って収入を増やすことは難しく、副業といっても時間に縛られてしまうような仕事は選べません。

更に言えば、収入を増やそうと仕事量を増やしてしまうと、それによって積み重なるストレスを発散するために余計に支出してしまうこともしばしばです。

以上のことから、私は貯蓄するために日々のストレスを上手に発散することにしています。

簡単にできる運動や十分な睡眠時間の確保をすることでストレスをため込まないようにし、ストレス発散のための支出を抑えるのです。

仕事を増やして収入を増やすよりも、可能な範囲で節約して貯蓄に回す方が、結果として手元に現金が残るものです。