高い授業料も3割までが限界です。

投資に興味があっても、始めるのは難しいものです。

敷居が低そうなのが、銀行の投資信託です。

投資は分散投資をするとリスク回避になる、とよく聞きます。株・為替・リートなどでバランスの良さそうな商品もあります。

でも、実はこれがけっこうな曲者です。

銀行の行員は、たとえ投資担当の人でも、あっさり転勤していなくなります。

担当が変わると、対応も変わります。今までこまめに報告してくれたのが嘘のように何の報告もなくなります。

デイトレーダーのように、その場で損切りの出来る仕組みではないので、ローリスクなんてことはありません。

リスクはリスクです。要人発言一つで、今日の利益が右肩下がりになって塩漬け10年。もあります。

投資をするなら、自分の資産の総額をちゃんと把握しなくてはなりません。

そして、投資に使うお金はその1割にします。一度投資の契約をすると、タイミングを見て他の商品を薦められたり、増額を薦められたりします。

付き合いで断れずに追加投資してしまうのも仕方ないのですが、どんなに増やしても3割を超えてはいけません。

配当はプールするといいです。銀行の口座より金利がいいので、長く放置出来るなら、下落してもゼロになる可能性があります。

損をする人はよく、高い授業料だったと思う。と言います。でも、生活があります。

高い授業料も3割までが限界だと思います。