貯蓄をするには明確な目的意識が必要です

私が働いていたころは、いわゆるバブル全盛期でした。

お給料は右肩上がりだし、ディスコやクラブに行くと「女性会員は無料」が当たり前の時代でした。

貯蓄をしようと思わなくても、自然にお金が貯まっていく、夢のような時代でした。

しかし、バブルも弾けたある日、夫が会社の人員削減で子会社に移籍させられ、給料が激減しました。

その頃、私は結婚して専業主婦になり、子育て中でした。

住宅ローンも残っているし、子どもたちもこれからお金のかかる時期です。今までの家計を見直して節約生活を始めることを余儀なくされました。

しかし、単に節約生活をするといっても、気持ちだけでは今までのクセで買い物をしてしまったりして、思うような成果が上がりません。

どうしたものかと悩み、友人に相談しました。彼女は3人の子育てをしながら住宅ローンも完済した、敏腕節約生活者です。

「銀行口座のキャッシュカードを解約してしまう」「毎月の貯蓄額を決め、それを差し引いた額を手元に置く」「何年後にいくら貯蓄するかを明確に目標として持つ」

など、節約の基本を教えてもらいました。

銀行のキャッシュカードがなければ、引き落とすのに窓口に行かなくてはならなくて面倒なので、お金が足りなくなったからと言って簡単に引き下ろせなくなるから節約につながります。

まずは貯蓄をする。生活費は残った金額でやりくりをする。そうすると強制的にお金が貯まっていきます。

目標があると頑張れる。これも本当にそうです。子どもたちの教育のためにもお金は必要ですから。

慣れるまでは大変でしたが、実践していくと徐々に節約生活が当たり前になってきて、今では住宅ローンも完済まであと少しです。

使うところは、あまり節約しないでほしいのです

節約や、貯金は、そうしようと思ってするというよりは、生活の行動によるところが大きいです。つまり、使わなくてはいけないところに使い、使うところにけちるのです。自分に言い聞かせていますが、そんなところがあったりします。無駄遣いもあるでしょう。それでもいいのです。無遣いもしないと、自分んで稼いだお金の経験になりません。

節約の効果をいつもいつも感じていいては、大きな貯金もできなければ、せせこましい生活になってしまうのです。別にいいのですという方もいますが、それでは、社会は成り立たないのです。だって、できる人が限られますから。安定した仕事についている人だけができることです。

親類でも、相当にお給料の高い家でありながら、電車代も安くあげているのかと思うと、がっかりします。そこまで、ため込んで子供に渡してどうするのかと思うのです。

特に、お金持ちはチケットショップにまでいって、節約をするのです。1000円以下の電車代もです。そんなことができるのは、安定している仕事の人だけです。こうなると、社会は、昔に逆戻りしかねないです。

無駄遣いは控えても、買わないといけないものは、買っていくという節約がうれしいですね。

最も確実に貯蓄する方法は節約術を身に着けることである

不景気が叫ばれ始めてから久しい昨今、将来はもちろん現在の生活に於いても金銭面で不安を抱えている人は多いと思います。

結婚するとしたら、子供が生まれたら、車が壊れたら、などなど、先への不安要素を取り上げただけでもういくらあってもお金が足りない気がしてしまいます。

将来のために貯蓄をしておくことは、絶対に必要なこととは言えませんが、現在の生活を将来の不安という不確定要素に邪魔されないためには必要かもしれません。

そんな貯蓄ですが、普段の生活で家賃や食費、光熱水費など、どうしても生活費としてお金を失っていくためになかなか難しいことです。

それらを支払いながら貯蓄もするとなると、収入を増やさないといけないと感じる人も多いでしょう。

私は月々少しづつではありますが貯蓄をしています。

具体的に何かの目的があって貯蓄しているわけではありませんが、やはり将来の漠然とした不安を拭うためである気がします。

そんな私は仕事はそれなりに忙しく、かと言って収入を増やすことは難しく、副業といっても時間に縛られてしまうような仕事は選べません。

更に言えば、収入を増やそうと仕事量を増やしてしまうと、それによって積み重なるストレスを発散するために余計に支出してしまうこともしばしばです。

以上のことから、私は貯蓄するために日々のストレスを上手に発散することにしています。

簡単にできる運動や十分な睡眠時間の確保をすることでストレスをため込まないようにし、ストレス発散のための支出を抑えるのです。

仕事を増やして収入を増やすよりも、可能な範囲で節約して貯蓄に回す方が、結果として手元に現金が残るものです。

節約をするならペットボトルが最適

節約をする時に非常に役に立つアイテムがペットボトルです。様々な使い方がありますので、そのまま飲み終わった飲料水のペットボトルを捨ててしまうのは非常に勿体ない話です。節約に関してはとても役に立つアイテムとなっていますので、是非、とっておく事をおすすめします。

ペットボトルは現在では様々な方法で節約方法に活用されています。有名な節約方法がトイレに使用をする事です。トイレのタンク内にペットボトルを設置する事によって節約をする事が出来るようになります。仕組みとしては、タンク内は一定の水量まで貯まるようになっていますが、水を入れたペットボトルを設置する事によって水量を少なくする事が可能です。

通常の水量でトイレを流していたら、無駄な水道料、下水量が必要になりますが、それをする事によってトイレに必要な水量を抑えられるようになっていますので、少しでも節約をしたい方にはおすすめです。その他には、お風呂の水をペットボトルに貯めておく事です。

これは洗濯機に使用するための水として使えます。古い洗濯機であれば、ポンプなどは設置されていませんので、手動で浴槽内の水を使えるようになります。洗濯に必要な水はとても多いので、節約の効果としては大きいです。

お弁当作りには野菜を利用して食費を節約しています

食費の節約の為、野菜は皮や葉もできる限り使い、お弁当などの一品として利用しています。

人参や大根の皮は、キンピラ炒めだけではなく、切り干し大根煮やひじき煮にも使っています。大量に入れないので味には影響はなく、彩が良くなります。

大根は葉のついたものを選んで購入すると、葉はゆでて冷凍保存できます。これを豚肉で巻いて焼けば、野菜の豚肉巻きが完成です。茹でた人参を一緒に巻くと彩もアップします。

ほうれん草や小松菜、水菜といった葉物は、根元に濡らしたキッチンペーパーを巻いて袋に戻し、立てて冷蔵庫保存しておくと、10日くらいはシャッキリした状態で使えます。

使う時には、少し面倒ですが外側から1枚ずつ取って使います。必要な分だけ使うことができ、残りは引き続き保存ができます。最後に残って捨てるのは、本当に根株の部分だけです。

野菜以外にも、卵焼きを作る時に少しだけ溶き卵を残しておき、卵焼きを作ったフライパンで薄焼き卵を作っておきます。

ラップして冷凍保存し、後日錦糸卵として使うとお弁当に変化をつけられます。冷凍になっているので刻むのも楽です。

ほんの少しだけ手間を使った捨てない工夫と保存の工夫で、お弁当に必要な彩と食材費をできるだけ節約しています。

食費代の節約術と残金の設定と自炊

節約で一番やりやすいのは残金の設定です。お金がないときは3000円しか財布に最初からお金を入れず、その3000円だけで2日くらい生活することです。主に材料を買ったほうがいいでしょう。弁当を買うとお金が足りなくなってしまいますが、自炊をすることによって一見変わらないと思うけどずいぶん変わるんです。

材料は、2日分くらい3000円でなんとか足りると思います。肉を3パック1000円で買い、他を野菜にあてるんです。それとお米は、5キロを買った方が2キロより、お買い得です。2キロは、安く見えがちですが、5キロを買ったほうがいいでしょう。こしひかりもひのひかりももりのくまさんも1600円ほどで値段が100円くらいしか変わりません。

だからおもいっきってこしひかりを買ってもいいでしょう。そのほうが精神的にもいいかもしれません。2日間を3000円で過ごすと良い節約になると思います。お金は、最後の100円単位までつかってからお金をおろす、がいいでしょう。お米は、5キロぐらいなら2週間くらいもつかもしれません。

お米を炊く時、できれば1人なら1回1合ぐらいがいいかもしれません。3回3合もしくは2合でいいと思います。2合のときは、良く働いて疲れがたまっていて、暑いときが多いです。そのときはたまには麺類を買って調整すればどうにかなります。節約もストレスのたまらない程度の節約をお勧めします。

集団自炊で一食200円を切る!

外食よりも自炊の方が節約に繋がる。この事実は昔も今も変わりません。みんな頭では分かっているのです。でも現実には自炊はなかなかできない。料理なんてやった事ないし、これから料理の本とか買ってこなきゃとか、考えただけで先が思いやられます。

でも!ここで発想の転換です。自分が料理が出来ないのであれば、料理の出来る人に作って貰えばいいのです。ここだけ聞くとハードル高そうですが、例えば学生の一人暮らし。自分は料理出来ない。でも自炊の方が安上がり。

こういう時は友だちを数人集めて、共同で食材を買出しして、そして自宅という場所を提供して、みんなで食事を作ればいいのです。これが必要以上に盛り上がります。筆者の場合、下宿生活をしていた大学生の頃、6畳一間のスペースに8人の学生が入り乱れて、大・焼きそば&鉄板焼き大会をやっていました。

焼きそばにもやしに肉。一人アタマの食費は一食200円位で済んでしまうのです。しかも必ず料理の得意なヤツ、手先の器用なヤツというのが仲間にいるはず。本人たちは嬉々として作業してくれます。筆者の下宿は大学の横という好立地でしたから友人も集まり易かった事でしょう。と言うことは、節約する為には好立地の住居が必要って事になるのかな?

きちんと貯金できるようになりたい

私が子供の頃、両親は一生懸命働いてくれていましたが、生活はいつもギリギリで貯金などはなく苦労した思い出がいっぱいあります。だから、自分は大人になったらお金に困らないようにきちんと貯金しよう!と決めていたのに、あったらあっただけ使ってしまって貯金できていません。

先日実家に行ったら、母が500円玉貯金で20万円ほど貯めたと聞いてビックリしました。母が貯金をしているイメージが全くなかったのです。そして、私もきちんと節約して少しずつでも貯めていけるように頑張ってみようと思いました。

まずは、母の真似をして500円玉貯金を始めました。そして、買い物に行く時にはスーパーのチラシをよく見て、その日の安い食材でご飯を作るように考え、余計な買い物を減らす事にしました。毎日ふらっと寄ってしまうコンビニも、買うものがない時は行かないように心がけています。

それから、クレジットカードをなるべく使わないと決めました。ついつい便利でネットショッピングなどで使いすぎていたので、買いたい時は現金で払うようにしようと思います。まだ始めたばかりの節約や貯金ですが、少しずつお金に関する考え方が変わってきたように思います。小さな積み重ねを大事にして頑張っていきたいです。

節約は、まずお金の流れの記録から

「節約」簡単のようですが、なかなか難しいです。収入が毎月あって、一人暮らししている場合、ついつい外食などその都度支払いをしているので、気が付きませんが、月末にお金がいがいと残っていない事に、気がつき「愕然」としてしまいます。

やはりお金の流れを記録に取る事が、一番大事な事と考えます。収入と支出の流れをつかみ、そのことを考えて対策を立てないといけません。記録に残すことにより、「無駄なんじゃない?」と「必要な物か?不要な買い物なのか?」判断できると思います。

外食から自炊に毎日食事を変えるだけで、毎日の事なので、これが意外と大きいです。スーパーの値引き商品ばかりに手がのびてしまいますが、これも節約ですよね。車も所持してますが、なるべく少し遠くても自転車を使用するように、心がけてますし、ガソリンも馬鹿にできませんので、自転車利用も節約と思います。

収入から支出を引いた残りが、貯蓄になりますので、年間これぐらいを残したい目標を決めて、漠然と貯蓄をしようと思っても、なかなか難しと思いますので、年間貯蓄金額を決めてそれを12ヶ月で割れば、月の目標貯蓄金額もおのずとわかってきますので、目標を掲げて貯蓄していこうと思います。

仕事中にちょっと買うのを抑えませんか?

仕事をしていると、ちょっと疲れたり小腹がすいた時に物を買ってしまいますとついついお金が失われてしまうものです。

そういったのが一回や二回程度というのであればいいのですが、基本的に細かく積み重なってしまいがちです。

そんなちょっとした物を買ってしまう行為というのは、お金をどんどん失ってしまって、お金がたまらない原因です。

こういったことをちょっとでも減らすためには、自分でちょっとした飲み物などを作ってお金の支出をちょっとでも減らそうとすることです。

 例えば、ちょっとしたジュースでも100円から150円くらいはするでしょうが、これを自宅で作ったお茶とかにすれば

100円近くは節約ができます。これが1か月も続けば1日一本ジュースを買っているときよりも3千円から五千円ほどお金を節約できるのです。

また、食べ物も途中でちょっと買ったりせずに家に余っているものを食べるようにすれば、いいですし

お菓子のようなものを買うにしても、一気に量が多いものを買えば少しずつ買うよりも安いので、一気害して少しずつ

食べると言ったりするのもいいです。

こういった細かいところでお金というのは積み重なって失っていきますので、こういった細かいところでも注意してお金を節約しましょう。