預金をしてもお金は増えないので、投資をしています

働いて余った剰余分は、手堅く、国債とか定期預金にしていました。でも、ここ数年、さすがに低金利でちっとも増えないので、少しずつ株式投資をしています。最初のうちは2,3銘柄を値上がりするまで持っていて、配当金や株主優待をもらうことで、財産を増やしてきました。いつのまにか、銀行預金が満期になると、株式を追加購入するようになり、今では5~7銘柄を単位株以上持つようになりました。

たまに、どれか値上がりする株がでてくると、値上がり益が1万円くらいで売るようにしています。ところが、東日本大震災とイギリスのEU離脱で保有していた株式が大きく目減りしています。大企業が多いので、配当金がそこそこ入ってくるのでよしとしていますが、今お金が必要になると、かなり赤字で損をするかもしれません。あまりよい投資ではないですね。

これからも子供の学費がかかるので、いつの時点でお金が必要になるかわかりません。もっと、手堅い貯蓄方法を検討すべきだったのかもしれません。でも、後悔はしていません。なぜなら、自分で考えて購入した株だからです。まだ、倒産したりして紙屑になった株はないので、値上がりするまでじっくり持っていたいと思います。

それにしても、株価は会社の業績を反映するわけではありません。業績がよかっても、円高によって、が~んと株価が下がったりします。よい社会勉強になってはいます。

前もって必要とわかるお金は貯金するようにしています。

私は現在22歳の女です。18歳の時に、高卒で入った会社で先輩に貯金の仕方を教えてもらいました。

まずは、給料から天引きしてもらえる財形貯蓄がある事を教えてもらい、初めて知ったので早速することにしました。最初は5,000円ずつから始めました。今は四年目になり、基本給の変動もあり10,000円にしています。これは車を買うお金として、それ以外では何があってもおろしません。

あとは定期預金を始めました。こちらは月に10,000円ずつで、使い皆はとくにきめておらず、何があった時のために使う予定です。あとは給料の端数は下ろさずに貯めています。そして、それぞれのカテゴリに分けて封筒を作り、その封筒に月々金額を決めて入れています。例えば、旅行の封筒には月々2,000円という感じです。カテゴリは、美容院などに通う時の美容代、冠婚葬祭の時の為の慶弔代、友人とご飯を食べに行く時や飲み会の時などの交際費、病気になった時の病院代、自動車税や車のメンテナンスや車検のために貯める、車関係などです。金額はそれぞれ決めて月々封筒に入れています。携帯電話のお金は毎月マチマチなのですが、大体15,000円を超えることはないので15,000円ずつ封筒に入れておき、おつりも封筒の中に入れます。だんだんとたまってくるのでたまに高い請求が来ても割と安心できます。

当たり前の事かもしれませんが、先輩にこの方法を聞かなければ、未だに私は思いつかなかったかもしれません。こんな感じで、自分なりに貯蓄をしています。

なんでもある生活から脱却、少し足らない生活を心がけるを

実は、野菜は冷蔵庫で保管できるものは意外と少ないです。人参やきのこ類などは冷蔵庫保管ができますが、玉ねぎ、じゃがいもなどは常温で保管します。

また、自分が管理できるだけの量しか買わないというルールを作っておくのがオススメです。

購入しすぎてしまうと、冷蔵庫に詰め過ぎてしまい、前に買ったものが何かわからず結局状態を悪くしてしまったり、間違えて二度買いをしてしまう可能性があります。結果、捨てることになってしまい損をしてしまいます。

物が多いと管理も大変ですし、片付けも大変です。

時間に余裕を持ち、気持ちにゆとりを持つためにも、満ち溢れた生活より少し足りない位を目指してみると案外それで充分だったりします。

お茶、コーヒーは自前でちょっと節約

友人に1日に缶コーヒーを3本くらい買う人がいます。

1日3本で400円から500円。

1ヶ月に換算すると、1万2000円から1万5000円の出費。

彼は「タバコや酒やらないから、唯一の贅沢だ」と言いますが、どうも勿体ない気がしちゃいます。

私の場合、コーヒーはいつもスーパーで1リットルのパックを買います。

1リットルパックで、だいたい100円前後。これを空いてる500mlのペットボトルに入れると2回分で100円。これで200円ぐらい浮く計算に。

ちょっと地味なようですが、月計算、年計算にすればけっこういきます。

寒い日は、電子レンジで温めてそれを保温の水筒に入れます。

これでいつでもどこでも冷めてないコーヒーが飲めます。

1リットルパック、最近はコーヒーだけじゃなくいろいろな紅茶も売ってますからバリエーションもけっこうあります。

私の場合、1リットルパックからの移し変えですが、もしインスタントコーヒーとかを使えばさらに安く済ませることも出来るでしょう。

ちなみにお茶もペットボトルの物は買いません。

家でわかして、空いているペットボトルや保温の水筒に入れていきます。

保温の水筒なら、冷たいお茶は冷たいまま、温かいお茶は温かいまま。最近の保温技術は素晴らしいので、朝入れたお茶が夕方まで冷たいまま温かいままです。

麦茶のティーバックなら、1リットル出し50袋入り400円から500円ぐらいで手に入ります。1リットル10円ぐらいで出来ると考えたら(水道代やガス代などもかかりますが、それほどでもないと思います)

1本70~80円ぐらいのお茶の500mlペットボトルも買えなくなりませんか?

朝活で節約術

朝活というと朝早くに起きて行動するというイメージがあります。

ダイエットにも効果がありますが、節約する場合も効果があります。

どんな効果があるのかというと、まずは電気代です。

照明の付ける時間も夜は長時間使いますが、朝活によって朝日を浴びることができるので照明を使わなくて済みます。

食費もお弁当作る時間ができるので、これで簡単に食費も抑えられてかつダイエット中でも食べたいおかずを入れられるので満足度もアップします。

さらに朝はおこずかい稼ぎにもちょうどいい時間帯でもあります。

最近はクラウドソーシングで働く人も増えてきています。

そういう人は「タスク」の仕事をしておこずかい稼ぎをするという方法もあります。そうすれば、本業にも支障きたすことなくおこずかいを稼ぐこともできます。

慣れてくればプロジェクトで稼ぐという方法もありますが、普通の会社員やOLの方であれば「タスク」でも十分稼げます。

それと朝活で読書をする人は電子書籍というのも使ってみてはいかがでしょうか。

本によっては安く見ることもできる上に、読み終わったあとの処分も困ることがなくなります。

何よりも本棚を新たにつくったり、本棚の整理をする必要がなくなるからです。

そして究極な節約といえば医療費です。

朝活によって健康的な生活になるので、病院にお世話になるということがほとんどなくなります。

ゴミ袋の有料化が節約とエコになる

我が家が住んでいる地域でも、とうとうゴミ袋が有料化されました。
今まで無料で捨てていたゴミが有料となるのはかなり痛いです。

捨てるものにお金を払うなんて、なんとなく腑に落ちません。
そんな感じなので、私はせっせとゴミを分別するようになりました。

なんせ紙や古着などの資源となるものは無料で引き取ってもらえるからです。
自分でもなんて私ってエコなんでしょうと悦に浸っています。

そのおかげで有料ゴミ袋にいれなくてはいけないゴミがかなり減りました。

最初は20リットルの袋でも一杯だったのが、今では10リットルの袋でいけます。
ちなみにゴミを捨てるときは、ギューギューに押し込み、すき間があれば何か捨てるものがないか探します。

これも主婦の知恵です。

あとゴミ袋が有料になったことで、簡単に物を購入することが減りました。

今までは100均などへいくと、安いから、何かに役立つかもとかいいながら、ついつい沢山購入していました。
気づいたら1000円超すなんてざらでした。

しかし物を購入したら、今まで使っていたものを捨てなくてはいけないゴミを捨てるのは有料と思うと買うのも考えるようになりました。
あくまでも私の場合ですが、ゴミ袋の有料化によって、エコと節約ができるようになりました。

自転車貯金で交通費を節約できました

私は一人暮らしなので、交通費っていうのが本当にいつも頭をかかえる問題なんです。

なぜかというと、交通費って絶対に削れないものですし、私の場合は仕事が都内なのですが会社の場所と毎日私が行く現場が違うんです。しかも、交通費が家から会社までは定期代が出るのですが他は発生しないため、最初は仕方ないと電車で移動していましたが全部で3万円から4万円ぐらいはかかっちゃうんです。

バスに乗って移動となるときはちょっと乗っただけで現場までの距離がそこまで遠くなくても往復800円ぐらいは最低でもかかってしまうんです。

だから、自転車を買うことにしました。自転車を前にも使っていたので、新しく自転車を買って会社に自転車を止めながら会社から現場まで営業などで回っていました。そうしたら、なんと移動も電車より早いし、意外と駅って都内にいけばいくほど隣の駅同士が近くてびっくりしました。しかも、ほかの電車との距離も近くてむしろ乗り換えするよりも歩いて移動したほうが早い場所もあると改めてわかりました。

なので、自転車で移動すると本当に早いんです。もちろん、電車のほうが時速は早いですけど、自転車は直行できますし、大型の自転車を買うとタイヤが大きいので移動が早くて驚きました。

おかげで出費がかなり減って、財布が潤いました。今はプライベートでも自転車移動をして、節約生活をしています。今度、その貯金で海外旅行に行ってきます。

若い時期から倹約する

お金を貯める王道は節約すること、つまりお金を使わないことです。1円のお金も自分の財布から出さないようにすることが大切です。頭の中で分かっていてもつい使ってしまうとの人がなんと多いことでしょうか。

お金を使わないことを頭に浸み込ますことが大切なことです。頭に倹約回路が出来上がるまで、常に意識して消費行動をするべきだと思います。

節約をするだけでは楽しくありません。いざという時の為に貯めておくのだと解釈すべきでしょう。計画的に必要なお金もあるでしょうし、急に必要になることもあると思います。

計画的であろうとなかろうと、将来の不時の出費に備えて普段からしっかり倹約してお金を貯めておきましょう。周りからはケチな人間だと思われるかもしれませんが、自分の正しいと思った方向に向かって進むべきでょう。

倹約のスタートは早ければ早いほど有利です。預金は複利式で増えていきますから早い方が時間を味方につけることが出来るのです。倹約することは本当に苦しいことです。倹約は先憂後楽の典型ではないでしょうか。

将来に備えて、若いうちはしっかり倹約してお金を貯めておくことは非常に大切な生き方だと考えます。しっかり働き、食べる物だけは倹約せず健康に将来に備えて倹約しましょう。

将来のために節約

私は、もう十数年線維筋痛症という病気とリウマチのために働く事が出来ません。

それなので、障害年金を受けて生活をしています。

そのために、40歳の現在も独身でいます。この先も結婚の見込みがないと思うので

障害年金を大切に使っています。

でも、医療費や生活費でだいぶ無くなってしまうのが悩みなので、日々節約生活です。

私は、オシャレをする事が好きなんですが、最近ではユニクロなどのファストブランドが充実しているので

とても助かります。

あと、どうしても欲しいブランド物やバッグなどは自分のお誕生月に買おうと思い、一か月の決められた、おこずかいを少しずつ貯金をして

その貯めたお金でちょっとした贅沢品を買う事にしています。

それから、私は古着が好きなのでこういったお店で衣服を買う事も節約に繋がっていると思います。

先日は、ちょっと高そうなダメージデニムを1200円で購入しとても重宝しています。

そうすれば少しでも貯金が増やせるし将来のためにもなると思っています。

あと、私はどうしても運動不足になりがちで筋肉が落ちないようにしなければいけないので、愛犬の散歩で賄っています。

スポーツクラブに入りたいけど、金銭的に難しいし外を歩く方が気持ちがいいしお金も掛からないし愛犬も喜ぶので一石二鳥だと思っています。

間食を取らない生活に慣れる

普段から節約をしたり貯蓄したりする方はたくさんいると思います。

ちょっとした取り組みで、無理なく節約することが可能なので、自分ができそうだなぁと思うことはドンドン積極的にチャレンジしていくことが大事だと思います。

特に節約術というのは、世の中にたくさんあるので、まずは自分で1度試してみることで可能性が広がっていくはずです。

僕も普段からできる限り節約をするようにしています。

特に自分に身に付いた節約術で効果的だと思っているのが、間食を取らないということです。

おそらく大抵の方は、1日に何度か間食を取ったりしているのではないでしょうか。

僕自身も以前までは間食がとにかく大好きでした。

気がつくとコンビニでお菓子を購入したりするので、その度に余計な出費を生み出していたんですね。

1日単位でみると大した金額ではありませんが、これが1ヶ月となると話は変わってきます。

例えば、1回の出費で300円使ったとしますよね。

これが1ヶ月30日だと考えた場合、合計で9000円もの出費になります。

なかなか痛いですよね。

なので、間食を一切取らないように決めました。

最初は辛かったですが、人間いろんな環境に慣れるもので、1ヶ月くらい経つと間食しなくても全然平気な体質になりました。

なので、間食を取らない生活に慣れることは節約する上でとても効果的だと思っています。