貯金出来きる人、出来ない人。

年代にもよりますが確かな貯蓄があるということは基本的に人生に余裕をもたらすと思います。

誰しもが貯蓄があるに越したことはないと思っているはずです。

しかし現実では貯蓄がある人、貯蓄がない人の差は歴然としていると思います。

そしてそれは必ずしも収入格差によるものだけではありません。

当たり前と思われるかもしれませんが一番重要なのは収入と支出の管理です。

私自身収入が良いほうとは言えませんが貯蓄の額で言いますと周りの友人と比べても多いほうにあたります。

好きなだけお金を使って余剰を貯金なんて生活が出来たら理想的かもしれませんが現実はそうはいきません。

そこで貯蓄を増やすためにどうすればいいのか。

貯蓄の出来ない友人の特徴を簡単に述べてしまえば支出の内容を覚えていないこと、貯蓄に対しての目標がないことです。

私は貯蓄をしっかりと積み重ねることが一番重要だと思います。

支出の内容なんて正直言ってしまえばなんだっていいんですよ。

問題は毎月何万貯金するなどといった明確な数字です。

そこで残ったお金で自身がどう生活するか考えることが大切です。

自分自身におこずかいをあげる感じですね。

最初は使えるお金が減って煩わしく感じるかもしれませんが次第に通帳の数字が増えていくことが嬉しくなってきます。

来月からなどと言わずに今日から頑張っていきましょう。

その努力はきっとあなたの心に余裕と幸せを運んできてくれますから。

お茶、コーヒーは自前でちょっと節約

友人に1日に缶コーヒーを3本くらい買う人がいます。

1日3本で400円から500円。

1ヶ月に換算すると、1万2000円から1万5000円の出費。

彼は「タバコや酒やらないから、唯一の贅沢だ」と言いますが、どうも勿体ない気がしちゃいます。

私の場合、コーヒーはいつもスーパーで1リットルのパックを買います。

1リットルパックで、だいたい100円前後。これを空いてる500mlのペットボトルに入れると2回分で100円。これで200円ぐらい浮く計算に。

ちょっと地味なようですが、月計算、年計算にすればけっこういきます。

寒い日は、電子レンジで温めてそれを保温の水筒に入れます。

これでいつでもどこでも冷めてないコーヒーが飲めます。

1リットルパック、最近はコーヒーだけじゃなくいろいろな紅茶も売ってますからバリエーションもけっこうあります。

私の場合、1リットルパックからの移し変えですが、もしインスタントコーヒーとかを使えばさらに安く済ませることも出来るでしょう。

ちなみにお茶もペットボトルの物は買いません。

家でわかして、空いているペットボトルや保温の水筒に入れていきます。

保温の水筒なら、冷たいお茶は冷たいまま、温かいお茶は温かいまま。最近の保温技術は素晴らしいので、朝入れたお茶が夕方まで冷たいまま温かいままです。

麦茶のティーバックなら、1リットル出し50袋入り400円から500円ぐらいで手に入ります。1リットル10円ぐらいで出来ると考えたら(水道代やガス代などもかかりますが、それほどでもないと思います)

1本70~80円ぐらいのお茶の500mlペットボトルも買えなくなりませんか?