食費代の節約術と残金の設定と自炊

節約で一番やりやすいのは残金の設定です。お金がないときは3000円しか財布に最初からお金を入れず、その3000円だけで2日くらい生活することです。主に材料を買ったほうがいいでしょう。弁当を買うとお金が足りなくなってしまいますが、自炊をすることによって一見変わらないと思うけどずいぶん変わるんです。

材料は、2日分くらい3000円でなんとか足りると思います。肉を3パック1000円で買い、他を野菜にあてるんです。それとお米は、5キロを買った方が2キロより、お買い得です。2キロは、安く見えがちですが、5キロを買ったほうがいいでしょう。こしひかりもひのひかりももりのくまさんも1600円ほどで値段が100円くらいしか変わりません。

だからおもいっきってこしひかりを買ってもいいでしょう。そのほうが精神的にもいいかもしれません。2日間を3000円で過ごすと良い節約になると思います。お金は、最後の100円単位までつかってからお金をおろす、がいいでしょう。お米は、5キロぐらいなら2週間くらいもつかもしれません。

お米を炊く時、できれば1人なら1回1合ぐらいがいいかもしれません。3回3合もしくは2合でいいと思います。2合のときは、良く働いて疲れがたまっていて、暑いときが多いです。そのときはたまには麺類を買って調整すればどうにかなります。節約もストレスのたまらない程度の節約をお勧めします。

集団自炊で一食200円を切る!

外食よりも自炊の方が節約に繋がる。この事実は昔も今も変わりません。みんな頭では分かっているのです。でも現実には自炊はなかなかできない。料理なんてやった事ないし、これから料理の本とか買ってこなきゃとか、考えただけで先が思いやられます。

でも!ここで発想の転換です。自分が料理が出来ないのであれば、料理の出来る人に作って貰えばいいのです。ここだけ聞くとハードル高そうですが、例えば学生の一人暮らし。自分は料理出来ない。でも自炊の方が安上がり。

こういう時は友だちを数人集めて、共同で食材を買出しして、そして自宅という場所を提供して、みんなで食事を作ればいいのです。これが必要以上に盛り上がります。筆者の場合、下宿生活をしていた大学生の頃、6畳一間のスペースに8人の学生が入り乱れて、大・焼きそば&鉄板焼き大会をやっていました。

焼きそばにもやしに肉。一人アタマの食費は一食200円位で済んでしまうのです。しかも必ず料理の得意なヤツ、手先の器用なヤツというのが仲間にいるはず。本人たちは嬉々として作業してくれます。筆者の下宿は大学の横という好立地でしたから友人も集まり易かった事でしょう。と言うことは、節約する為には好立地の住居が必要って事になるのかな?