若い時期から倹約する

お金を貯める王道は節約すること、つまりお金を使わないことです。1円のお金も自分の財布から出さないようにすることが大切です。頭の中で分かっていてもつい使ってしまうとの人がなんと多いことでしょうか。

お金を使わないことを頭に浸み込ますことが大切なことです。頭に倹約回路が出来上がるまで、常に意識して消費行動をするべきだと思います。

節約をするだけでは楽しくありません。いざという時の為に貯めておくのだと解釈すべきでしょう。計画的に必要なお金もあるでしょうし、急に必要になることもあると思います。

計画的であろうとなかろうと、将来の不時の出費に備えて普段からしっかり倹約してお金を貯めておきましょう。周りからはケチな人間だと思われるかもしれませんが、自分の正しいと思った方向に向かって進むべきでょう。

倹約のスタートは早ければ早いほど有利です。預金は複利式で増えていきますから早い方が時間を味方につけることが出来るのです。倹約することは本当に苦しいことです。倹約は先憂後楽の典型ではないでしょうか。

将来に備えて、若いうちはしっかり倹約してお金を貯めておくことは非常に大切な生き方だと考えます。しっかり働き、食べる物だけは倹約せず健康に将来に備えて倹約しましょう。