エアコンは除湿が最も節電になる

真夏に大きく負担が増えるのはエアコンの使用による電気代だが、いくら節約が大事だからと暑いのを我慢して熱中症になっては本末転倒だ。
エアコンを適度に利用して暑い夏を乗り切るのが賢明であろう。

まず、エアコンで最も電気を使うのが単なる冷房運転で、最も節電になるのが除湿運転だ。
除湿冷房運転はこれらの中間の消費電力になる。

世の中には冷房が苦手な人が結構いるもので、そういう人にとって除湿は有難い機能だろう。

ただ、最新型のエアコンでは室温が下がりすぎるのを防ぐために暖房をしながら除湿する機種もあるが、その場合には除湿が節約になるどころか最も電気を食うことになるので注意が必要だ。

室温が高くて除湿するだけでは十分に涼しくならない場合には、最初は冷房運転をして適温まで下げ、それから除湿運転に切り替えるのも良い。

機種によっては時間の経過で室温が上がってしまうこともあるが、これでも結構凌げる場合がある。

これらの操作が面倒な向きには、値段は高くなるがインバータエアコンの利用をお勧めする。
インバータ制御の場合は、室温が設定温度に到達後にセーブ運転をするので、長時間使う方が電気代がお得になる。

どんなエアコンでもつけたり消したりするのが一番節電にならないので、エアコンについてはこまめなオンオフは避けることだ。