友達の節約上手にあっぱれと思う私

友達は8人家族。子供か6人の上が来年高校生で一番下が1歳。彼女はとにかくパワフルなんです。

年も私より上ですが、共働きで働きながらも家事もやって夜泣きに付き合いながら上の子の勉強に付き合っているハイパーママなんです。
でも子沢山のせいと旦那さんの転職癖のせいでいつも節約しているのにーって愚痴っていますが、彼女の節約上手には本当にあっぱれと思います。

服などはみんなリサイクルショップで購入しているそうです。うちも真似したのですが、4歳までは成長が早いので服なんてすぐ着れなくなりますしね。
ただ一番上の子は年頃ということもあり、新品を買うらしいですが、基本は値下げ商品しか買わせないと笑って言ってした。

そして食事は1汁1菜。ご飯、お味噌汁、おかず1品だけ。これが野菜炒めでも冷奴でもおかず1品と見なすという徹底ぶりらしいです。
真ん中の子がうちに遊びに来ていた時、お昼ご飯の量に思わず言ってしまったので知ってしまいました。

更に携帯代は一番安く設定していると言っていました。スマホなのでパケ代の事を言うのだと思いますが、じゃないと無理って旦那に言った~とお互いの旦那の愚痴を言い合ってる時の発言です。

母は強しといいますが、彼女の徹底ぶりはすごいと思います。じゃないと成り立たないんだと思いますが、それでもお母さん想いの子供達を見ていると微笑ましいです。

貯蓄は目標を持って、楽しくするのがおすすめです!

お金を貯めるのを楽しむということが、お金が貯まるコツです。私は、基本的に節約や貯蓄が大好きです。

今私がお金をためている理由は、ローンの繰り上げ返済のためです。ローンの利息を払うということが勿体無いと思うのです。
ローンを完済するまでは、節約し一日でも早くローンを完済することで、払うべき利息を節約できると考えているので、節約も苦になりませんし、お金が溜まっていくことが楽しいと感じられます。

貯蓄方法は簡単です。ローンを返済するための通帳は、貯蓄用にするということです。基本的に月のローン返済額に上乗せして、月々の入金をします。

また、臨時収入的なものは、ローン返済用の通帳に入金していき、少しずつお金が溜まっていくというシステムです。また、年間貯金目標額を設定し、年に一度、その額を定期預金に預けます。
そうすることで、より使いにくくなるので、お金がどんどん溜まっていきます。目標額が溜まっていない時には、普通に使っている預金通帳から少し上乗せして払うこともあります。

目標額が溜まっていないと、入金時にきつくなってしまうので、日頃からせっせと貯蓄用の通帳に入金するようになるので、相乗効果でお金が溜まっていくのです。
貯蓄はただ何となくしていてもたまりにくいと思います。長期目標、中期目標、短期目標を決め、目標達成のために努力することで、楽しく貯蓄が出来ると私は思います。

朝活で節約術

朝活というと朝早くに起きて行動するというイメージがあります。

ダイエットにも効果がありますが、節約する場合も効果があります。

どんな効果があるのかというと、まずは電気代です。

照明の付ける時間も夜は長時間使いますが、朝活によって朝日を浴びることができるので照明を使わなくて済みます。

食費もお弁当作る時間ができるので、これで簡単に食費も抑えられてかつダイエット中でも食べたいおかずを入れられるので満足度もアップします。

さらに朝はおこずかい稼ぎにもちょうどいい時間帯でもあります。

最近はクラウドソーシングで働く人も増えてきています。

そういう人は「タスク」の仕事をしておこずかい稼ぎをするという方法もあります。そうすれば、本業にも支障きたすことなくおこずかいを稼ぐこともできます。

慣れてくればプロジェクトで稼ぐという方法もありますが、普通の会社員やOLの方であれば「タスク」でも十分稼げます。

それと朝活で読書をする人は電子書籍というのも使ってみてはいかがでしょうか。

本によっては安く見ることもできる上に、読み終わったあとの処分も困ることがなくなります。

何よりも本棚を新たにつくったり、本棚の整理をする必要がなくなるからです。

そして究極な節約といえば医療費です。

朝活によって健康的な生活になるので、病院にお世話になるということがほとんどなくなります。

ゴミ袋の有料化が節約とエコになる

我が家が住んでいる地域でも、とうとうゴミ袋が有料化されました。
今まで無料で捨てていたゴミが有料となるのはかなり痛いです。

捨てるものにお金を払うなんて、なんとなく腑に落ちません。
そんな感じなので、私はせっせとゴミを分別するようになりました。

なんせ紙や古着などの資源となるものは無料で引き取ってもらえるからです。
自分でもなんて私ってエコなんでしょうと悦に浸っています。

そのおかげで有料ゴミ袋にいれなくてはいけないゴミがかなり減りました。

最初は20リットルの袋でも一杯だったのが、今では10リットルの袋でいけます。
ちなみにゴミを捨てるときは、ギューギューに押し込み、すき間があれば何か捨てるものがないか探します。

これも主婦の知恵です。

あとゴミ袋が有料になったことで、簡単に物を購入することが減りました。

今までは100均などへいくと、安いから、何かに役立つかもとかいいながら、ついつい沢山購入していました。
気づいたら1000円超すなんてざらでした。

しかし物を購入したら、今まで使っていたものを捨てなくてはいけないゴミを捨てるのは有料と思うと買うのも考えるようになりました。
あくまでも私の場合ですが、ゴミ袋の有料化によって、エコと節約ができるようになりました。

自転車貯金で交通費を節約できました

私は一人暮らしなので、交通費っていうのが本当にいつも頭をかかえる問題なんです。

なぜかというと、交通費って絶対に削れないものですし、私の場合は仕事が都内なのですが会社の場所と毎日私が行く現場が違うんです。しかも、交通費が家から会社までは定期代が出るのですが他は発生しないため、最初は仕方ないと電車で移動していましたが全部で3万円から4万円ぐらいはかかっちゃうんです。

バスに乗って移動となるときはちょっと乗っただけで現場までの距離がそこまで遠くなくても往復800円ぐらいは最低でもかかってしまうんです。

だから、自転車を買うことにしました。自転車を前にも使っていたので、新しく自転車を買って会社に自転車を止めながら会社から現場まで営業などで回っていました。そうしたら、なんと移動も電車より早いし、意外と駅って都内にいけばいくほど隣の駅同士が近くてびっくりしました。しかも、ほかの電車との距離も近くてむしろ乗り換えするよりも歩いて移動したほうが早い場所もあると改めてわかりました。

なので、自転車で移動すると本当に早いんです。もちろん、電車のほうが時速は早いですけど、自転車は直行できますし、大型の自転車を買うとタイヤが大きいので移動が早くて驚きました。

おかげで出費がかなり減って、財布が潤いました。今はプライベートでも自転車移動をして、節約生活をしています。今度、その貯金で海外旅行に行ってきます。

若い時期から倹約する

お金を貯める王道は節約すること、つまりお金を使わないことです。1円のお金も自分の財布から出さないようにすることが大切です。頭の中で分かっていてもつい使ってしまうとの人がなんと多いことでしょうか。

お金を使わないことを頭に浸み込ますことが大切なことです。頭に倹約回路が出来上がるまで、常に意識して消費行動をするべきだと思います。

節約をするだけでは楽しくありません。いざという時の為に貯めておくのだと解釈すべきでしょう。計画的に必要なお金もあるでしょうし、急に必要になることもあると思います。

計画的であろうとなかろうと、将来の不時の出費に備えて普段からしっかり倹約してお金を貯めておきましょう。周りからはケチな人間だと思われるかもしれませんが、自分の正しいと思った方向に向かって進むべきでょう。

倹約のスタートは早ければ早いほど有利です。預金は複利式で増えていきますから早い方が時間を味方につけることが出来るのです。倹約することは本当に苦しいことです。倹約は先憂後楽の典型ではないでしょうか。

将来に備えて、若いうちはしっかり倹約してお金を貯めておくことは非常に大切な生き方だと考えます。しっかり働き、食べる物だけは倹約せず健康に将来に備えて倹約しましょう。

冷凍保存で乗り切った節約生活

私は20代の前半の頃上京し、お笑い芸人を目指していたのですが、

よくテレビで取り上げられる多くの売れないお笑い芸人がそうであるように、

経済的にかなり厳しい生活を強いられていました。

そのため、お笑い芸人ととしての出番の無い日にアルバイトをして稼いだ僅かな収入を元手に、

節約生活をすることになったのですが、様々な生活の知恵が私のその節約生活を助けてくれました。

先ず、月並みなのですが、出来るだけ外食は控え、自炊をするようにしました。

スーパーで買い物をする際にも主食として、出来るだけ容量が多くその分安い2キロ入りのパスタなどを購入していました。

野菜もそのようにして沢山購入していたのですが、なにしろ野菜というものは日持ちしません。

それでも野菜を食べなくては栄養のバランスが悪い食生活になってしまうため、私はある方法を用いました。

それは野菜の冷凍保存です。

トマトなどは、しっかりと水洗いし、ヘタの部分をとって空気を抜きます。

そして、厚めの保存ようパックに入れ、空気をしっかりと抜いて密閉してから冷凍保存します。

解凍する際は自然解凍、もしくはレンジで解凍します。

キャベツの千切りも実は冷凍保存が効く食材で、お金が極端に無い時は主食がキャベツだった私は、

キャベツにサラダ油をかけ、日持ちする冷凍保存をすることで、常にキャベツを備蓄していました。

冷凍保存のライフハックで私は経済的に困窮した時期を乗り切ったのです。

将来のために節約

私は、もう十数年線維筋痛症という病気とリウマチのために働く事が出来ません。

それなので、障害年金を受けて生活をしています。

そのために、40歳の現在も独身でいます。この先も結婚の見込みがないと思うので

障害年金を大切に使っています。

でも、医療費や生活費でだいぶ無くなってしまうのが悩みなので、日々節約生活です。

私は、オシャレをする事が好きなんですが、最近ではユニクロなどのファストブランドが充実しているので

とても助かります。

あと、どうしても欲しいブランド物やバッグなどは自分のお誕生月に買おうと思い、一か月の決められた、おこずかいを少しずつ貯金をして

その貯めたお金でちょっとした贅沢品を買う事にしています。

それから、私は古着が好きなのでこういったお店で衣服を買う事も節約に繋がっていると思います。

先日は、ちょっと高そうなダメージデニムを1200円で購入しとても重宝しています。

そうすれば少しでも貯金が増やせるし将来のためにもなると思っています。

あと、私はどうしても運動不足になりがちで筋肉が落ちないようにしなければいけないので、愛犬の散歩で賄っています。

スポーツクラブに入りたいけど、金銭的に難しいし外を歩く方が気持ちがいいしお金も掛からないし愛犬も喜ぶので一石二鳥だと思っています。

オススメの節約レシピと飲み物の扱い

私は、20代の中盤で都内のとあるweb制作の会社に就職したのですが、薄給で残業代もボーナスも出ない会社であったため、

いやおうなしに節約生活を強いられました。

節約と聞いて先ず最初に思い浮かぶものに食費を削るというものがあると思います。

私は家で自炊をする際、あまり時間がないときは主に塩をかけたパスタに、

キャベツの千切りというメニューで腹を満たしていました。

パスタは業務用のスーパーで2kg入りなどのものを購入すると安いのでオススメです。

塩パスタに飽きてしまった際にはガーリックペッパーと粉チーズで出来る簡単で美味しいパスタもありますので、

それらを食べていました。パスタばかりを食べていたかというとそうでもなく、

会社に持っていくお弁当にはパスタは少々不向きであるため、白米にもやしの塩こんぶあえなどこれまたシンプルで、

お金がかからないメニューで昼を乗り切っていました。

もやしは非常に安く購入出来る上に栄養も豊富なのでオススメな食材といえるでしょう。

また、人間生きていく上で食べ物と同様に必要な飲み物はどうしていたかというと、

主に2リットル入りのペットボトルのウーロン茶を購入し、それを水筒に入れ会社や外出先に持って行っていました。

500ミリのジュースやお茶はコストパフォーマンスが悪いので、出来るだけ買わないようにしていました。

なお、2リットル入りのペットボトルのウーロン茶すら買えない時はパックのお茶を買い自分でお茶を作っていました。

これらの節約方法で私は経済的に苦しい時期を乗り切ったのです。

でも実は・・・かなり苦しいときはお世話になりました苦笑

間食を取らない生活に慣れる

普段から節約をしたり貯蓄したりする方はたくさんいると思います。

ちょっとした取り組みで、無理なく節約することが可能なので、自分ができそうだなぁと思うことはドンドン積極的にチャレンジしていくことが大事だと思います。

特に節約術というのは、世の中にたくさんあるので、まずは自分で1度試してみることで可能性が広がっていくはずです。

僕も普段からできる限り節約をするようにしています。

特に自分に身に付いた節約術で効果的だと思っているのが、間食を取らないということです。

おそらく大抵の方は、1日に何度か間食を取ったりしているのではないでしょうか。

僕自身も以前までは間食がとにかく大好きでした。

気がつくとコンビニでお菓子を購入したりするので、その度に余計な出費を生み出していたんですね。

1日単位でみると大した金額ではありませんが、これが1ヶ月となると話は変わってきます。

例えば、1回の出費で300円使ったとしますよね。

これが1ヶ月30日だと考えた場合、合計で9000円もの出費になります。

なかなか痛いですよね。

なので、間食を一切取らないように決めました。

最初は辛かったですが、人間いろんな環境に慣れるもので、1ヶ月くらい経つと間食しなくても全然平気な体質になりました。

なので、間食を取らない生活に慣れることは節約する上でとても効果的だと思っています。